FC2ブログ

第29回 東日本クラブ選手権 優勝!

2019年11月17日 12:00キックオフで行われた第29回 東日本クラブ選手権大会
決勝戦:北海道バーバリアンズ 38 - 28 ハーキュリーズ でバーバが勝利!


2年ぶり7度目の優勝を飾りました!おめでとうございます!

2019.11.17
東日本クラブ選手権 決勝 ハーキュリーズ戦

DSC_9579.jpg
前半風上スタートのバーバリアンズは先制トライを取って出来るだけリードして後半を迎えたかったはずでしたがハーキュリーズに外に展開され先制トライを許す事となってしまう.開始早々クラブ選手権のタイトル奪還に黄色信号が灯る.
DSC_9527.jpg
今振り返ると確かに地に足が着いていないまま試合に入ってしまった感じもありました.まぁラガーマンとしては当然ですね,世界最高峰の闘いが行われる会場として新しくなった熊谷ラグビー場でプレーするという事の喜びもあったように思えます.
DSC_9613.jpg
風上のバーバが猛攻をしかけますが,あともう少しのところまで攻め込むもトライを決めきれないバーバ我慢の時間が続きます.ただ外から見ていても焦りやイライラ感はなかったように思えます.
DSC_9646.jpg
勝利を信じて,やってきた事をだし切る!
DSC_9624_20191120202719704.jpg
勝利を信じて,倒す!
DSC_9790.jpg
勝利を信じて,低く刺さる!
DSC_9848.jpg
勝利を信じて,想いを繋ぐ!
DSC_9889.jpg
ハーキュリーズは後半に選手交代でフレッシュな選手が入り走る展開になるかと思われましたがなかなか意図通りのプレーができず停滞気味・・・バーバは厳しい状況が続きますがチームワークで乗り切ります.
DSC_9895.jpg
後半,残り時間15分で10点差.2トライで同点,コンバージョンが決まれば逆転という状況でした.ハーキュリーズに流れが傾くと逆転もありそうな雰囲気が漂い始めましたが・・・この攻撃でトライを奪われたら危険という状況を直前に入った伊禮選手がナイスタックルで相手選手を押し出します.このプレーで大きく勝利を引き寄せます!ナイスタックル!
DSC_9941_20191120202740b46.jpg

東日本クラブ選手権の優勝回数はバーバが7回となり単独一位となりました.
本大会の連覇記録は「5」,こちらは曼荼羅が保持したままとなります.

参考:歴代優勝チームと優勝回数(第29回大会終了時)
北海道バーバリアンズ(7回)
曼荼羅(現:マンダラ東京 1996年~2000年の5連覇を含む6回)
イワサキクラブ(3連覇1993年~1995年に3連覇)
神奈川タマリバクラブ(2回)
戸田オーバーザトップ,アイビス(現:新潟アイビス),駒場WMM,
エリスクラブ,常総クラブ,タイセイハウジーレッズ,
多摩クラブ,YC&AC,Sharks(現:神奈川BullSharks),ツクバリアンズ,
ドラゴンズラグビークラブ(現:RKUラグビー龍ヶ崎ドラゴンズ )(1回)
スポンサーサイト



ラグビーを観に行こう!

東日本クラブ選手権 決勝戦が2019年11月17日(日)
熊谷ラグビー場Aグラウンドにて12:00キックオフで行われます!

対戦カードは、北海道バーバリアンズ vs ハーキュリーズ

バーバはどんな対策を打てているか・・・焦って個人技で強引に突破しようと
したとたんに孤立してターンオーバー(ボール獲得)されちゃうパターンか。

昨年敗れたバーバリアンズが奪取するのか?ハーキュリーズが初制覇か?!
全国大会に出場する両チームの白熱した激しい戦いになる事必須です。

にわかな方も、ウェルカム!です。今なら特等席をご用意できます!
しかも!この試合ではお代は頂きません!入場無料です。


ふれあい広場ではご当地うどんのイベントが行われていますので
腹ごしらえをしてから観るもよし!観戦後に冷えた体を温めるもよし!
※但し、うどんはご自身で購入の程よろしくお願いいたします。

「麺 for ALL , ALL for 麺」
全国ご当地うどんサミットはラグビーを応援しています



リーグ最終節

給水って見てる想像以上に大変です.いつもお疲れ様です
DSC_9267.jpg

2019.11.10 TEC 第11節 vs 神奈川Bullsharks

DSC_9196_20191113222721e6c.jpg
DSC_9160_20191113222720a2b.jpg
DSC_9124.jpg

DSC_9060.jpg
DSC_9032.jpg
DSC_9011.jpg


2020年に向けて

2019年10月14日(祝)体育の日に月寒ラグビー場で行われたのは,
『第一回なの花カップ全道タグラグビー大会2019』

タグラグビーではありますがエンジョイメントの部にバーバリアンズディアナも出場!
2020年に向けてとくに注目して欲しい選手を紹介します.

≪女子7人制日本代表 第一次オリンピックスコッド 小笹 知美選手
DSC_1952.jpg
小笹選手は学生時代はサッカー選手でしたが日本スポーツ振興センター(JSC)の「ナショナルタレント発掘・育成(NITD)プロジェクト」の最初の合格者です.他競技からのラグビー転向選手として注目されることも多かったですが,代表に呼ばれるまでの大活躍とはいきませんでした.トップレベルの競技者ではなく「働きながら楽しくラグビーをできたらいいな」くらいの気持ちで北海道にやってきました.ディアナのメンバーとして定山渓グラウンドでラグビーを続けているうちに改めて『ラグビーが好きになった』そうです.
ラグビーが好きになってサクラセブンズの合宿のサポートをしているうちに心に芽生えたのは『ラグビーの代表選手として活躍したい』という熱い気持ちでした.やりたい!やれる!という気持ちと裏腹に日本代表からはなかなか声がかかりません.
やりたい気持ちとやれる自信と声がかからない焦りの中,ある夢を描きます.代表選手になるためにNZに渡り州代表になってそこからNZ代表(Black Ferns)になるという事!そして願うだけではなく実現するために準備を始めたところでサクラセブンズから声がかかったのでした.

≪女子7人制日本代表 トレーニングスコッド 押切 麻李亜選手
DSC_8316.jpg
Over40のバーバメンバーから「まりあちゃんがディアナに入ってラグビーやるんだって!」という噂を聞いたのは札幌に戻って年が明け,まだ雪が深い時期だったでしょうか?同じトレーニングジムのトレ仲間から情報でした.その後しばらくしてニュージーランドにラグビーの短期留学にも参加すると新聞記事で読みました.小笹選手をはじめ他競技からの転向した選手はこれまでもいましたが冬季競技からラグビーに転向は初だったではないでしょうか?ピリカモシリセブンズ大会でプレーを見て衝撃を受けました!外国人選手にタックルされても倒れないどころかビクともしない!二人がかりでも余裕があります!経験が浅いのでボールの扱いはまだまだぎこちないですが,ハンドリングスキルがアップして相手選手との距離感とポジション取りを身に付けたらとてつもなくスゴイ選手になる事間違いなしです.何よりも,すごく楽しそうにラグビーをするところが素敵な選手です.7人制での活躍してから15人制でもフランカーまたはNo8,それにセンター(12番)としても活躍できるんじゃないでしょうか?(個人の感想です)


ラグビーフットボール競技 男子7人制日本代表
≪第一次オリンピックスコッド:ジョセ・セル(Jose SERU)選手
DSC_9558.jpg
ピリカモシリセブンズの優勝請負人として助っ人として来日したフィジアン.その時に出会ったのが同じくフィジー出身で7人制日本代表として活躍するトゥキリロテ選手.そして自身も日本代表を目指すべく再来日し今日に至る.「ジョーの高さは世界レベルでも優位なので日本代表にとって大きな武器になります!ただ2020年の東京を見据えた時に(帰化するにあたり)問題は日本語ですね.合宿の時もいつもロテにべったりでなかなか日本語をしゃべる機会が少ないんですよ(日本代表 坂井選手談)」トゥキリ選手を兄の様に慕ってきたジョセセル選手ですが今は日本語のテストに向けて特訓中です!
どれだけ憧れていたかについてのエピソードを紹介したいと思います.再来日してすぐの頃,ロテ選手の部屋に遊びに行ったジョセセル選手が見つけたのは代表ジャージでプレーするロテ選手のA4サイズの写真のパネル.ジョセ選手は形から入るタイプらしく,経緯を知って私のところに「俺も写真パネルにして欲しい!」と速攻でメッセージが来ました.今度は桜のジャージ来てるところを撮りたいですね.

≪トレーニングスコッド:トゥキリ ロテ(Lote TUQIRI)選手
DSC_1316_20191101234008da4.jpg
バーバ入団時点で既に7人制日本代表に選出されていました.日本代表選手を撮るとなると敷居は高いのですがバーバリアンズの選手なのを理由に東京セブンズで撮影する機会を頂けたのは貴重な経験でした.リオ大会では初戦のNZに14-12で勝利するも3位決定戦で敗戦しメダルを逃したためその後は注目度が上がりませんでしたがNZ相手に相手ペナルティから素早いリスタートで逆転のトライをアシストしたのはトゥキリ選手でした.
ワールドシリーズ参戦中に千葉での合宿を見学に行った事がありました.試合と試合の間だったので蓄積した疲労で疲れた感じでした.何がツライかというと試合の疲れもさる事ながら長距離の移動をしなくていけないのと先週は暑い国で試合,来週は寒い場所でと日本とはもちろん開催国の気温差が大きいのが大変だったそうです.
秩父宮にクボタの試合を観戦に行った時,メンバーに入っていませんでしたがチームに同行していて,ちょうどフィジーから親戚が大勢で来日していて入口で甥っ子と一緒でした.紹介してもらったのですが名前は同じくロテ,親せきで同じ名前を付ける事はよくあるそうです.紹介してくれてる間も恥ずかしそうにロテの後ろに隠れてました.「とてもシャイなんだよ」って思わず言わずにいられませんでした「あんたも(シャイ)でしょ!」

2020年に向けて頑張って下さい!応援しています!!

Barbarians Must Go On!!

2019.10.27
東日本クラブ選手権 準決勝 桐生ラガーズ戦

今シーズン公式戦での2度目の遠征となりました.今回の会場はバーバとしては初となる群馬県さくら遊園グラウンドは渡良瀬川沿いの河川敷!Division2の公式戦も行われるグラウンドです.更衣室もありませんでしたが近所の銭湯が営業前にシャワーを使わせて頂きました.桜湯さまありがとうございました!
DSC_8744_201910312326081b0.jpg
東京からだとそれ程とは感じませんが北海道からの移動が大変でした~
新千歳空港から茨城空港へ,バスで移動の途中に立正大学様のグラウンドをお借りして前日練習.翌日に向けてのセットプレーの確認はもちろんですがこれだけ長時間の移動だとしっかりと体をほぐしておかないといけません.前日練習ではパス出しにも駆り出されお手伝い.
DSC_8887_2019103123261703d.jpg
なんとこの日!シーズン初の遅刻者が!!空港まで相乗りするメンバーが電話しても自宅のドアを(近所迷惑になりそうなくらいの強さで)叩いて呼んでも応答がなく諦めて空港に向かったそうです.バーバリアンズの昔の遠征では遅刻は罰金制度だった時期もあったようですが,今は罰ゲームが待っています.ちなみに昨シーズン,飛行機には間に合いましたが寝坊で集合時刻に遅刻したO島選手は試合で使用したジャージーの洗濯でした.今回の罰ゲームはなんでしょう?
DSC_8882.jpg
練習を終えてバスで群馬は高崎へ・・・ホテルにチェックインして部屋に入ってTVをつけるとちょうどアンセムが終わってハカが始まるところでした.いつもはチェックインしてからは食事や時間を潰しに三々五々外出となりますが,この日は皆さんそれぞれの部屋で観戦された方が多かったようです.歯痛のため治療に歯医者に向かったある選手を除いて.
DSC_8839.jpg
遠征の時はとにかく人手不足なので前日練習の時は,キック練習のボール拾いのお手伝いはするようにしているのですが,なんとこの日はボール出しのお手伝いも!アップから終了までの一連の流れの中においてはすごく短い時間ではありますが全体練習に関わるのは初めてでチョー緊張しました.練習の流れを止めちゃったらどうしよう!足手纏いになったらどうしよう・・・
DSC_8802.jpg
時間にして数分,球出しした数もそれ程ではなかったのですが・・・緊張した~~!!のですが,球出しするポジションに立っても誰も何も特にリアクションなし!むしろ「大丈夫かぁ?」「出来んのかぁ?」って言って貰った方が気が楽だったかもしれません.よくわからないまま必死だったのですが,それでもボールを取りそびれて後ろにそらした時に「全力で!全力で!」「カメラマンもオールアウト!」って声をかけて貰って嬉しかったです!というかウル!っときました.
DSC_8686.jpg
ラグビーの精神「One For All,All For One」とても小さな事かもしれないけど,誰かがみんなのために頑張るのをみんなが観てるんですね.だから頑張れる!チームのため!勝利のため!ボール拾いの時は,それほどの重さは感じませんが練習とはいえ,パスを繋いで受け取ったボールはとても重かったです.とても貴重な体験をありがとうございました!
DSC_8757.jpg
昨シーズン逃した東日本クラブ選手権の優勝と!5度目のクラブ日本一!を掴み取ろう!!
頑張れ!北海道バーバリアンズ!Go!Barbars!!
プロフィール

バーバリスタ ひら

Author:バーバリスタ ひら
東日本トップクラブリーグで活躍する北海道のクラブラグビーチーム「北海道バーバリアンズ」を勝手に応援している『バーバリスタ』です.北海道バーバリアンズ&ディアナをメインにクラブラガーマンを『撮りラグ』しています.Go!Barbars!!&Diana!!
2019年には日本にラグビーワールドカップがやって来ます!Go!Japan!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる